人と比べて落ち込むのは無意識に○○が入るから!?

 

 

 

 

人と比べて羨ましくなって嫉妬したり。。。
自分がダメな人間のように感じて落ち込んだり。。

人と比べだすと、
途端に自信がなくなり、苦しくなります。

人のことは気にしない、比べななければいい、
と言っても、どうしても比べてしまう。

どうしたらいいのでしょう?

 

。。。

 

 

 

 

 

 

人と比べてしまうのには、理由があるんですね。

それは、

比べることで、自分の存在や、どんな人間かを
無意識に確認しているのです。

違った存在と比べることで、
自分の存在自体を確認し、

自分に有るもの、無いものなどを確認しながら、
自分を知ろうとしているのです。

このように、

本来の比べるという意味は、
「存在や違いを確認する」ということなんですね。

 

 

 

 

ですが、

機能不全家族の中で育ったアダルトチルドレンの人達は、
白黒思考や完璧主義の思考があるため、

違いを確認た瞬間に、
上下、優劣、強い弱い、良い悪いというように
ジャッジをしてしまうのです。

そして、

もともと自己肯定感(自分を認める力)が低いため、
自分に足りない要素ばかりに着目して、ダメ出しをし、
苦しむというパターンになります。

 

 

 

 

人間はもともと成長したいという欲求があります。

人と自分との違いを知り、

自分がどんな人間になっていきたいか。。。
それにはどんな要素が必要か。。。

人と比べるということは、
それを人を通して気づいたり、学んだりしていくために、
必要なことなのです。


まずは、

自分がどんな人間になりたいのか?

先にそこがあり、
次に、

あの人の○○な部分に憧れるとか、
羨ましいという思いに対して、


自分がなりたい人間になるのために、

その要素は必要か否か。

そういう意味でジャッジを入れていきます。

必要なら、始めはマネをしてみる。
そして、やっていくうちに、
あなたなりにその部分を膨らましていけばいいのです。


必要でないなら、

私にはやれない部分だから、
何かの時は、あの人に力を借りよう。。。


ということができますね。

 

 

 

 

人と比べて苦しくなっているなら、
いいなぁ。。。羨ましい。。。
と思っている部分に対して、

上下、優劣、良い悪いなどの
ジャッジをしていないか確認してみてください。


そして、


ジャッジを一旦横に置き、

違いとして捉えてみてください。

そこに対して、私もそうなりたい。。。
という想いが上がってきたら、

その部分を取り入れていきましょう。

 

 

 

 

この時もう一つ注意して欲しいのが、
形をマネをして、完璧にその人になろうとするのではなく、


マネをすることで、

あなたの中の感覚に照らし合わせ、
自分に合った形にしていくということです。


それができるようになるには、

やはり自分に意識を向けることが重要で、

自分を認める力や、感覚を信じる力など、
総合的に見ていく必要がありますが、


まずは、ジャッジに気づき、


人と比べることを

人との「違い」として見ることができれば、

そこまで苦しむことは無くなります。

自分に自信がない。。。
何かと落ち込む。。。
嫉妬や羨ましい気持ちが強く苦しい。。。
そんなあなたは今すぐ下記バナーをクリック↓
毎月限定5名様 お試しカウンセリング受付中(特別価格+特典付き)

関連記事

  1. ○○にこだわりすぎると幸せは遠のく?!

  2. あなたの○○を意識すれば、相手の反応はどうでもいい?!

  3. 「しなければならない」に翻弄されないためには?!

  4. ○○をすると感情に振り回されなくなる?!

  5. 完璧には無駄と欠陥が必要?!

  6. 「いい子」が苦しむワケは、人の言葉を○○するから?!

  7. 人様優先の落とし穴とは?!

  8. アダルトチルドレンが身につけた役割とは?!

最近の記事 おすすめ記事
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ



アダルトチルドレン・共依存がスーッと楽になる
無料7ステップメール講座<5大特典付き>
こちらから今すぐご登録できます!!
お名前
メールアドレス