ソレありえません!身近な人間関係が失敗するワケとは!?

 

 

 

 

いつも孤独を感じている。。。
理解してもらえない。。。
察して欲しい。。。

 

そんなあなたは、
身近な人間関係において、
現実にはあり得ないことを
望んでいる可能性があります。

 

一体どういうことなのでしょう?
それは。。。

 

 

 

 

 


「お互いに何でも話せて、
同じ感情を感じ、
全て受け入れ理解し合う」

という深いつながりです。


例えば、 
夫婦、恋人、親子、親友
などの身近な関係において、


相手の感じていることや
思っていること
相手に起こった出来事などを


隅々までわかっていないと
気が済まない…とか、


逆に、

自分に起こった出来事や、
気持ち、感覚に至るまでの
全てを
理解してもらおうとする…

というようなことです。


確かに、

何でも話せて分かってくれる
相手がいれば、心強いですよね。

ただ、何もかも話せたとして、
お互いを理解しようとする
気持ちや姿勢は大事ですが、

全部わかり合えたり
全く同じ気持ちや感覚になったり

することは、残念ながらあり得ないのです。

 

このような深いつながりを求めるのは、
もともとの気質にある共感力の強さや、
育った環境の中で適切な心の距離感が
学べなかったことが考えられます。

 

 

 

 

 

 

いずれにしても、
あなたが身近な人と、
より良い関係を築くためには、

まず、現実的には
あり得ないほどの理解を

相手に求めていたことに気づき、

 

あなたが相手に対して
どこまでできて、
どこからできないか

相手があなたに対して、
どこまでできて
どこからできないのか

という区別をできるようすにることです。

これは、「人との境界線」というもので、
自分と相手を大切にしながら
人間関係を築くために、
とても重要な概念です。

 

身近な相手ほど
「人との境界線」を意識して、

適切な心の距離を保っていきましょう。

 

そうすることで、あなたは、
自分の中に、
安心感と心の居場所を
作っていくことができるのです。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 『○○は、原因追究よりも○○に使う?!』

  2. 共依存関係にハマる人が無意識にやっている○○とは!?

  3. 不安な時ほど、やってしまうこと!?

  4. AC・HSP 嫌いな人の対処法とは!?

  5. あなたが、自分は「うだつが上がらない」と感じるワケとは?

  6. やる気のなさから抜け出すには、○○に従わない!?

  7. あなたは、人の○○まで自分のものにしていた!?

  8. HSP・AC 感情的になる人ほど、「感じる」がわからない!?

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブページ