自信をつけるには、○○と○○を一致させる?!

あなたは自分に自信がありますか?

こう聞かれると、恐らく「ありません。」と答える人が、圧倒的に多いのではないでしょうか?それは、人と比べてしまったり、日本特有の控えめな文化が、そう言わずにはいられなくさせていたりするのかもしれませんね。

一言で「自信」と言っても、人それぞれ受け取り方が違います。漢字をバラしてみると、「自ら人に言う」となります。自分はスゴイ!と人に言えば自信がつくのか、自分の考えを積極的に言うことで自信がつくのか、自分の夢を人に言ってそれに向かうことで自信がつくのか、捉え方は様々ですよね。

私が考える「自信」とは、本当の自分が感じたり考えたりしていることを適切に表に出していくこと(適切に人に伝えること)であり、本当の自分の心と、今ここの自分を一致させていくことなのではないかと思います。他人に置き換えると、わかりやすいのですが、信頼できない人の特徴の一つとして、言ってることとやってることが違うということありますよね。自分を信じられないのは、まさにそれと同じなのです。

本当はイヤなのに人にどう思われるかが気になり「いいよ」と言ってしまう。。。本当はちっとも楽しくないのに人に合わせ楽しいように振舞う。。。本当は体が限界なのに人に認められたいから頑張ってしまう。。。など、これらは本当のあなたを裏切っていることになります。それがずっと続いているようであれば、本当のあなたは、今のあなたを信頼できなくなって当然だと思いませんか?

前回の内容でも、頭と心、そして行動を一致させていくということを書きましたが、それは、自分を信じる力(自信)をつけていくことでもあるのです。だからと言って、常に全部が一致するようにならないと自信がつかないということではありません。常に一致させるのは不可能ですし、状況によって、本音と建て前が必要なこともありますからね。

ですから、一致させることを目指すけれども、その前に、本当のあなたが感じていることをわかっていることが大切です。そして、それを分かった上で、どうするのか?どんな言動を選ぶのか?そこを意識的に選ぶことです。本当のあなたを優先させるのか、感じているものをわかりながら、今回は頭(思考)の言うことを聞くのか、あえて人の言いなりになるのか、など、そこの判断を自分の意志で決めていくことです。

また、完璧な選択などありませんから、選んだことが、どのような結果になっても、「そんなこともあるよね。」「今回はこれが精いっぱいだったよね」というような感じで、あなた自身が、いつもあなたの味方になってあげることです。その後、結果を見直し、次を考えればいいのです。

 

「本当のあなた」と、「今ここにいるあなた」を一致させることを目指しながら、何があっても、あなた自身が、あなたの味方であるということを示していくことで、あなたは自分への信頼を築き、「自信」を持って生きていくことができるのです。

関連記事

  1. 完璧主義の人が苦しむ二つの理由とは?!

  2. アダルトチルドレン あなたの「大丈夫」は本当に大丈夫?

  3. 『○○は、原因追究よりも○○に使う?!』

  4. あなたの生きづらさを激減させる○○力とは?!

  5. アダルトチルドレンを克服するには○○を○○に変える?!

  6. ○○をすると感情に振り回されなくなる?!

  7. 制限はあったほうがラク?!

  8. 「いい子」が苦しむワケは、人の言葉を○○するから?!

最近の記事 おすすめ記事
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ



アダルトチルドレン・共依存がスーッと楽になる
無料7ステップメール講座<5大特典付き>
こちらから今すぐご登録できます!!
お名前
メールアドレス