アダルトチルドレンが必要な「待つ」力とは!?

あなたは、「待つ」ことができますか?

 

アダルトチルドレンの人は特に苦手なことです。

 

 

アダルトチルドレンの生きづらさの原因の一つに
白黒思考がありますね。

 

白黒思考は、グレーゾーンが保てない
ということを言われますが、
要は、「待つ」ことができないということです。

 

ものの考え方が極端である上、
すぐにどっちかに決めないと気が済まない、
あやふな状態(グレーゾーン)で
「待つ」ことができないのです。

 

また、アダルトチルドレンの人は、
人の顔色や言動に合わせ、
せかせかと動き回るという特徴があります。

 

相手を怒らせないように、
機嫌をそこねないようにすることだけを考えているため、

本来の状況を感じとって「待つ」ことができません。
何かしていないと耐えられないという状態ですね。

私も過去はこれらの状態でしたから、とてもよく分かります。

 

何が待てないか。。。というと、
不安な時間や不快な気持ちでいる時間ですよね。

確かにそういう時間は短い方がいいし、
その不快なことを無くそうと、
直接問題に取り組んだ方が


早く解決するんじゃないか、
気持ちが楽になるんじゃないか。。。

という気もしますよね。

さて、本当にそうでしょうか。。。?

どうしたら、不快な時間を
無駄なエネルギーを使わずに
早くやり過ごすことができると思いますか?

 

もう、お分かりですね。
それは、「待つ」ことなのです。

 

では、なぜ、「待つ」ことが必要なのか?

 

 

それは、「感じる」ためです。

 

 

本当の自分を感じる、
状況を感じる、
相手を感じる、

そのためには、
不安や不快な気持ちをきちんと感じながら、
「待つ」時間が必要なのです。

「待つ」ことができるようになると、

本当の自分の気持ちや、
相手の気持ちが分かってきたり、

状況を冷静に見ることができるようになります。

不安や不快な気持ちを感じたくないために、
焦って行動すると、

余計に不快な時間を長引かせ、
その存在を大きくしてしまうのです。

 

だからと言って、じっと膝を抱えて、
その不快な気持ちに向き合い、
何かが起こるのを待っているということではありません。

不快な気持ちがあるけれども、
毎日のやることをやりながら「待つ」のです。

やることというのは、特別なことではありません。

顔を洗う、歯を磨く、仕事をする、友達と遊ぶなど、
日常のことを一つ一つ丁寧にやりながら、待ちます。

ポイントは「丁寧に」です。

 

例えば、

いつもは作業的に洗っている顔ですが、
顔の凸凹や、手の感触を感じながら洗ってみてください。

これは、感じる練習にもなります。

感じているときは、余計なことは考えられません。

 

そうしていくうちに、
不快な気持ちでいる時間が短くなってくると同時に、
感じる力が育ちます。

さらに、日常の小さなことから、ヒントを得て、

本当はどうしたいのか?
こうしたらいいんじゃないか?

というように、
あなたにとってベストな答えが、
あなたの中から浮かび上がってくるのです。

 

「待つ」。

そして、感じてみてくださいね。

 

極端なものの考え方をしてしまう。。。
せかせかと動き回る。。。
いつも焦っている。。。
そんなあなたは今すぐ下記バナーをクリック↓
毎月限定5名様 お試しカウンセリング受付中(特別価格+特典付き)

関連記事

  1. アダルトチルドレン あなたの「大丈夫」は本当に大丈夫?

  2. ○○にこだわりすぎると幸せは遠のく?!

  3. あなたは、人の○○まで自分のものにしていた!?

  4. できる、頼れる、あなたをやめるには?!

  5. アダルトチルドレンの苦しみを生む最大のクセとは?!

  6. 「苦しみ」の渦中にいるのなら、それは○○!?

  7. 自分がわからない人は○○〇をすればいい?!

  8. 「本当のあなた」はどっち?

最近の記事 おすすめ記事
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ



アダルトチルドレン・共依存がスーッと楽になる
無料7ステップメール講座<5大特典付き>
こちらから今すぐご登録できます!!
お名前
メールアドレス