AC・HSP 自分を好きにならなくていい?!

 

 

 

 


自分が嫌い。。。

自己否定をしてしまう。。。
どうしても自分を良いと思えない。。。

 

楽になるには、

自分を好きになることだと言うけれど、
そうなれないから苦しんでいる。。。

 

あなたにもきっと、
そんな思いがあるのではないでしょうか?

 


苦しいだけの自分、

思うように生きられない自分を


好きになれない、嫌いだ、と感じてしまうのは、
仕方のないことだと思います。

 

そういう場合は、
無理に好きになろうとしても
意識が受け入れようとしない状態なので


逆にそこにこだわってしまうと、
さらに自己否定感を強めることになります。

 

 

では、自分を好きになれないあなたは、
今後どうしたらいいのでしょうか?

 

 

それは、。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

「すでに自分のことが好きなんだ」
ということに気づくことです。

 

今のあなたは、
「すでに自分のことが好き」だからこそ、


嫌いになり切れず、
あきらめきれず、


苦しんでいると言ってもいいかもしれません。

 

 

 

これは、

ご相談に来られる方のお話しを聴くたびに感じますし、

過去の自分も、そうだったなと感じます。

 

 

お話しを聴いていると、
ご本人の意識は自分を嫌いだと思っていますが、
無意識では自分の中の感覚を大切にしていることが、
伝わってきます。

 

あなたが無意識に感じている
「自分を好き」「自分が大切」という感覚を

あなた自身が認める前に
素直にそう感じていいのかどうか、
人に認めてもらいたいのです。

 

あなたがあなた自身を好きでいいのかどうか?
あなたのその感覚を大切にしていいのかどうか?

 

そこを人に決めてもらいたいと思っていることが、
生きづらさの原因そのものかもしれませんね。

 

 

 

 

 


なので、無意識の部分では、

すでに自分を好きなのだから、


これからは、自分を好きになることに
こだわらなくてもいいということです。

 


自分を「好き」か「嫌い」かを決めるよりも重要なことは、


これからどんな自分になっていきたいか?

そこを具体的にし、
そこを目指すために、

好き嫌いや良い悪いという判断で自分をみるのではなく、
自分にはどんな面があるのかを受け取っていくことです。

 

「自分の持ち物を確認する」感覚ですね。

 


こんな部分がある、こんな部分もある、

ということを分かるだけでいいのです。

それが、自分を認めるということでもあります。

 


「こんな部分」に、いちいち判断(ジャッジ)をしないことです。

 

 

ただただ、自分のことを認める(受け止める)ことをしていると、

どんな自分でも存在していいというメッセージが無意識に刻まれ


ある時、そういえば最近ラクだなと感じて、
そんな自分が心地よくなってきます。

 

 

そうすると、意識の受け入れ態勢が整い
実感と共に「自分が好き」と認められるようになっていくのです。

 

 

 

 

 

 

自分が嫌い。。。
自分否定してしまう。。。
どうしても自分を良いと思えない。。。
お申込みは今すぐ下記バナーをクリック↓
毎月5名様限定 お試しカウンセリング(特別価格+特典付)

関連記事

  1. 人と比べて落ち込むのは無意識に○○が入るから!?

  2. 固執や執着から抜け出すには?!

  3. 「マイナス思考」を「プラス思考」にするより大事なこととは!?

  4. AC・HSPのあなたが悩みを大きくしなくて済む方法とは?!

  5. ○○な不安は、あきらめる!?

  6. アダルトチルドレンを克服したいのならコレをする!?

  7. AC・HSP あなたが生きづらさを克服できない理由とは!?

  8. AC・HSP 「苦しい・辛い」よりも深刻なこととは?!

最近の記事 おすすめ記事
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ



アダルトチルドレン・共依存がスーッと楽になる
無料7ステップメール講座<5大特典付き>
こちらから今すぐご登録できます!!
お名前
メールアドレス