AC・HSP 「苦しい・辛い」よりも深刻なこととは?!

 

 

 

 

とにかく生きているのが辛い。。。
苦しむのはもう疲れた。。。

毎日が、苦しい、辛いという感情で過ごすのは、
本当にキツイですよね。

 

ただ、そんな状態から抜け出したいから、

カウンセリングを受けてみようと思ったり
誰かに相談したり、本を読んだりして、

何とか楽になろうと行動することができます。

そして、そういう中で、
自分と向き合う時間を作り、見つめ直すことで、
少しずつ楽になっていきます。

 

 

このように、

苦しい、辛いのは確かにイヤですが、
その感情がサインとなり、
自分を楽な方向へ向かわすことができます。

 

なので、苦しい、辛いと感じられることは、
ある意味とてもいいことなのです。

 

 

実は、苦しい、辛いことよりも
もっと深刻な状態があります。

 


それは、何も感じないこと?

いえ、それよりも、もっと深刻なことです。

 


それは。。。

 

 

 

 

 

 

なんでもプラスに考え過ぎて
苦しい、辛いなどの感情を受け取れていない状態です。

 

プラスに考えることは、
とてもいいことで、
幸せを感じれる重要な要素でもありますが、


イヤなことや弱い部分を
感じたくない、見たくないために
そこを打ち消そうとするプラス思考は、
必ずどこかで歪みが出てくるのです。

 

 

頑張ってきたし、好きなこともやれている。
自分のことも好き。

だけど、

あることに関してだけ上手くいかない。。。
お決まりのパターンになる。。。

というあなたは、けっこう深刻な状態です。

 

部分的な問題だけを何とかできればいいと
簡単に考えてしまうのはとても危険なのです。

 

 

 

 

 

 

私は過去に恋愛で失敗し
それをきっかけに色々本を読みあさりました。

 

傷を癒そうとか、自分の本質を見直すためではなく、
悲しみや淋しさからすぐに逃れたかったため、


すぐに気持ちが明るくなるような
自己啓発の本をたくさん読んでいました。


それでプラスに考えようという
くせはつくようになりましたが、


そのうち精神的に息切れがしはじめ、

自分が渇いている感じがしてきました。

 

プラスに考えて頑張って頑張って
それでもまた同じことが起こるのです。

 

最終的には、体に辛い症状も出てきて、
もう頑張れない状態になってしまいました。

 


もっと早い段階で、
自分の中の悲しみや淋しさ
弱さを
ちゃんと見ることができ、


それでも、「私は私でいいんだ」と

受け入れることができていたら、


そこまで、体が悲鳴を上げることはなかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

プラス思考、明るいこと、未来、など
そちらを意識していることは大事なことですが、

今の自分、今の自分をつくってきた過去、
自分の中の弱さや見たくないもの

そこに向き合うことで、
本当のプラス思考、明るさ、未来が創られていきます。

 

マイナスとプラスの両方を見ることができ、
それを認めることができれば、

なたは必ず楽になり、
本当の明るさを取り戻すことができるのです。


 

 

 

 

 

自己肯定感が低い。。。
明るく積極的だけど、一人になると悶々とする。。。
完璧主義。。。
そんなあなたは今すぐ下記バナーをクリック↓

毎月限定5名様 お試しカウンセリング受付中(特別価格+特典付き)

関連記事

  1. AC・HSPの苦しみを終わらせ、幸せを現実化する○○?!

  2. AC・HSP 自分を好きにならなくていい?!

  3. 不安でどうしようもない時は、○○を意識する?!

  4. 恋愛・共依存関係を悪化させる、あなたの「○○と○○」とは!?

  5. あり得ない○○を○○すれば余計な不安はなくなる?!

  6. AC・HSP あなたが生きづらさを克服できない理由とは!?

  7. AC・HSP 頑張っても報われないなら「○○○」すれば報われる!?

  8. 従順は争いの始まり?!

最近の記事 おすすめ記事
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ



アダルトチルドレン・共依存がスーッと楽になる
無料7ステップメール講座<5大特典付き>
こちらから今すぐご登録できます!!
お名前
メールアドレス