HSP・AC 「人のことが分かる」それって本当?

 

 

 

 

相手は絶対にこう思っている。。。

あの人にこれを言ったら、
こう返ってくるに決まっている。。。

あの表情からすると、
きっとこう思ったに違いない。。。

 

繊細なあなたは、
こんなふうに思うこと、
よくありますよね?

 

繊細で敏感なために、
一瞬のうちに人の様子を感じ取り、


そこに持ち前の洞察力が使われ、

表面上の言葉や出来事の
奥を見抜こうとします。

 

これはあなたの才能ではありますが、
ちょっと注意が必要です。

 

なぜなら、
本来は才能であっても、


あなたが自分のことを
よく知らないままだとしたら、


それはあなたの
「思い込み」や「価値観」に
紐づけられた解釈である
可能性が高いからです。


感覚では純粋に相手を
感じていたとしても、


意識で受け取る段階で、
「あなたなり」の解釈が
入ってしまうのです。

 

 

 

 

あなたの中では、
絶対的にそう思えるような
感覚があったとしても、

 

それはあくまでも
可能性の一つでしかないのです。

 

とは言え、
繊細で敏感なあなたですから、

その受け取った感覚は、
合っていることも多いかもしれません。


それに、相手が自覚していないことを
受け取っている可能性もあります。

 

でも、人のことであれば、
本当のところは、

その人に確認してみないと
わからないし、


その人に自覚がないことなら、
それまでなのです。

 

これが例えば、
接客などで活かせれば、

 

かゆいところに手が届く
気の利いた人かもしれません。

 

でも、それがマイナスに働いてしまうと

相手を決めつけたり

被害妄想になってしまったりして

関係性が悪くなっていきます。

 

また、これはカウンセリングで
クライアントの話を聴く際にも
十分に気をつけないといけないところです。

 

 

 

あなたにもともと備わっている
共感力と洞察力を
うまく使っていくためにも、

 

まずは、自分のことを知り
自分を癒していきましょう。

 

そして、心の仕組みを学び、
視野を大きく広げていきましょう。

 

そうすることで、
あなたの才能が適切に使われ、

 

あなたをとりまく
物事や人間関係が
スムーズに動き始めるのです。

関連記事

  1. 不安な時ほど、やってしまうこと!?

  2. HSP・AC あなたの「人に優しく」は本当か!?

  3. 自分の話ばかりする人は○○〇が欲しいから?!

  4. AC・HSP 「否定されるのがとにかく耐えられない」その理由とは!?

  5. 感情に振り回されたと感じるワケとは?!

  6. 「マイナス思考」を「プラス思考」にするより大事なこととは!?

  7. 自分を責めやすい人は○○が大きいから!?

  8. 「言えない」のと「言語化できない」のを一緒にしない

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブページ