人様優先のあなたは、とても魅かれる人に要注意?!

 

 

 

 

いつもいつも人様優先のあなたが、

とても魅力的に感じる、
この人に認められたい、
この人の特別な存在になりたい

など、

快感しか感じられないような人に出会ったら、
ちょっと注意が必要です。

表面上は相手に、
憧れ、魅力、尊敬という、

好意的な快の反応として
上がってくるのでわかりにくいのですが、

あなたにとって危険人物かもしれません。

 

人様優先でイヤと言えないあなたは、
自分の意見や考えがわからなくなっていて、


自分が何をしたいのか。。。

という自分の意思がわからないため

そこを人の要求を叶えることで埋めています。

 

 

 

 

 

そのため、

要求の多い、自分本位(自分勝手)な人に対して
始めは特に、

自分の意見や考えを持っている人、
自分の意思があってスゴイ、

というように、
相手に対して憧れや尊敬の念が芽生えます。


そして、

この人なら私を導いてくれるかもしれない。。。

と期待し、理想化してしまいます。

相手の指示的な言動も、
もともと人様優先のあなたにとっては、

ある意味その方が楽で、
尽くしがいがあるように感じてしまうのです。


それでも、時々感じる理不尽さを、

感覚として受け取っていますが、

きっとこうだから。。。とか、
そのうちきっと。。。というように、

理想に結びつけるように解釈し、
自分の感覚を否定してしまうのです。

 

時間が経つにつれ、
相手の身勝手さはエスカレートし、

あなたも苦しくなり気づき始めますが、

 

そのころには情も出てくるし、
相手にかけた時間とエネルギーを考えると

容易に離れることができなくなってしまうのです。

 

 

 

 

 

始めから不快な感覚を感じているなら
わかりやすいのですが、

快の感覚として感じる場合は、
非常にわかりずらく、

膨大なエネルギーをかけた後に
気づくことが多いのです。

 

ジャッジについては、
度々書いていますが、


このことからも、

「快」が良くて「不快」が悪い
というわけではない。。。


ということが、
おわかりいただけると思います。

 

 

 

 


この場合、

相手に強く引かれる
自分の中の要素は何なのか?


自分の中の
何がそこまで反応しているのか?


そこを十分に吟味することが大事です。

 

人から受ける感覚が
「快」であれ「不快」であれ、


それ自体を「いい人」「悪い人」などと、


相手を決めつけるような判断に使うのではなく、

 

自分が成長するためには、
何が必要か?


自分はどんな人間に
なっていきたいのか?

 

というように、

 

自分の受け取った感覚を
「自分に意識を向ける」ことに繋げていくことが重要なのです。

 


自分がわからない。。。

人にイヤと言えない。。。
人の世話ばかり焼いている。。。
そんなあなたは今すぐ下記バナーをクリック↓
毎月限定5名様お試しカウンセリング受付中(特別価格+特典付き)

関連記事

  1. あなたの○○を意識すれば、相手の反応はどうでもいい?!

  2. HSPの人が楽になる最適な方法とは!?

  3. 嫌いな人をそこまで嫌いな理由とは!?

  4. 「しなければならない」に翻弄されないためには?!

  5. 「人生、苦しんだもの勝ち?!」ってどういうこと?!

  6. 自信をつけるには、○○と○○を一致させる?!

  7. 生きづらさの原因探しは「○○〇」にする?!

  8. 従順は争いの始まり?!

最近の記事 おすすめ記事
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ



アダルトチルドレン・共依存がスーッと楽になる
無料7ステップメール講座<5大特典付き>
こちらから今すぐご登録できます!!
お名前
メールアドレス