生きづらさの原因探しは「○○〇」にする?!

 

 

 

 

この生きづらさの原因は何なのか。。。?
過去の何が原因なのか。。。?

 

生きづらさを抱えていると、いつも同じようなことに思い悩み、原因を突き止めたくなりますよね。


体の不調と同じで、
原因がわからないと、適切な対処方法もわかりません。

 

ただ、アダルトチルドレン、共依存、HSPなどは病気ではないため、病院に行ってもそのような診断名がつくことはないでしょう。

 

また、あなたが、アダルトチルドレン、共依存だっとしても、何か一つの特別な原因があるわけではありません。

親が原因といえばそうなのですが、

親のあの言動が。。。とか、
親とのあの出来事が。。。というように

何か一つが原因ではありません。

 

また、夫婦の関係性の場合もありますし、

あなたにもともとHSPの気質が備わっているため、
出来事に敏感に反応したり、物事を深く受け止めすぎたりしている場合もあるのです。

 

 

 

 

 

ここで、何が言いたいのかと言うと、
原因は、「ある程度」わかっていればいいということです。

 

アダルトチルドレン、共依存、HSPの要素や気質が、自分にあるということが分かっていれば、十分です。

 

それ以上深く「なぜ?」を突き詰めても、時間ばかりかかってしまい、肝心なこれからの人生の時間が減ってしまいます。

 

 

原因を深く探ったからといって、生きづらさが無くなるわけではありません。

 

 

だからと言って、原因(過去)を全く見ないのも危険ですから、やはり「ある程度」というのが、丁度いいのです。

 

「ある程度」原因がわかってきたら、
今までその要素や気質をどこに使って苦しくなっていたのか、

今後それをどのように使っていけば、
あなたらしさを十分に発揮できるようになるのか、
そこを考え、日常の行動に結びつけていけばいいのです。

 

 

 

 

 

 

繰り返しになりますが、

原因を「ある程度」知るために、過去に向き合うことは大切ですが、
いくら追究しても過去の出来事は変えられません。

 

「ある程度」原因がわかったら、あなたのこれからの人生のために、あなた自身を取り戻すことをしていきましょう。

本当のあなたで生き始めることが出来るようになると、過去の捉え方が変わり、過去の感情も自然と癒されていきます。

今まで疼いていた過去の痛みは治まり、あなたにしか経験できなかった出来事として、あなたの勲章になっていくのです。

 

 

 

 

そうなるために、焦る必要はありません。

過去の原因探しを「ある程度」にし、あなたを取り戻していくことをすれば、おのずとそこに辿り着くのです。

一緒に取り組んでいきましょう。

 

原因探しばかりして苦しんでいるあなたは
今すぐ下記バナー↓↓をクリック!
毎月限定5名様 60分お試しカウンセリング受付中特別価格+特典付き)

関連記事

  1. アダルトチルドレン そのワクワクは頭から?心から?

  2. 「真剣に遊ぶ」と得られる○○とは?!

  3. あり得ない○○を○○すれば余計な不安はなくなる?!

  4. 「生きづらくて苦しい辛い」よりも深刻なこととは?!

  5. 共依存関係にハマるワケとは?!

  6. 『○○は、原因追究よりも○○に使う?!』

  7. 「プラス思考」の罠から抜け出すには?!

  8. アダルトチルドレンの思い込みと特徴について

最近の記事 おすすめ記事
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ



アダルトチルドレン・共依存がスーッと楽になる
無料7ステップメール講座<5大特典付き>
こちらから今すぐご登録できます!!
お名前
メールアドレス