人様優先の落とし穴とは?!


 

 

 

いつも人様優先で過ごしている人の中には、
自分の「~したい」という気持ちが、
わからない人がとても多いです。


人の望みが私の望みでもあり、
それが当たり前になっているからです。


「あなたの幸せが私の幸せ」
これは表向きは素晴らしいことを言っているように感じますが、

実は、自分の「~したい」という想いが
わからないというあなたが使うと、
依存を感じさせる言葉になってしまうことがあります。


この言葉を逆の言い方で言うと
「あなたが幸せじゃなければ私も幸せじゃない」


もっと違う言い方をすれば
「あなたが幸せにならなければ私も幸せになれない」
「あなたの肩に私の幸せがかかっている」
というニュアンスも含まれてしまうのです。


もちろん、そんなつもりで言っているわけではないでしょう。


ですが、あなたが自分の本当の想いを
分かっていない状態で発したその言葉は、
受け取る側にそういう印象を与えることもあるのです。


言われた方としては、
二人分の責任を背負わされているという重圧を感じる言葉でもあるし、

幸せを感じられていない状態なら、
私はダメだ。。。
と自分を責めるようになってしまいます。


上記のようなことは、
特に親子間で多いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

ですが、言葉自体に神経質になる必要はありません。

受け取る側の問題もありますし、
人様優先の心は大切なことでもありますからね。

 

重要なのは、自分の本当の想いを分かっていることです。
自分の「~したい」という想いをわかり、
それも大切にすることなのです。

 

今までは、それもわからないほど、
人の欲求を満たし、人の欲求を満たすことで、
あなた自身を満たしていると
勘違いしていたことが、問題だったわけです。

 

「~したい」という想いは誰にでもあり、それが自然なことです。

育ってきた環境の中で、
自分の「~したい」を叶えるのはワガママなこと…
人を喜ばせることが何より大事…
などのメッセージを無意識に受け取ってきたことが、

あなたの本当の「~したい」という想いを
わからなくしてきた原因なのです。

あなたの中に「~したい」という想いが
ないのではなく、ないように思えるほど、
抑え込んできていたということに
まずは、気づきましょう。

 

 

 

 

 

そこに気づかないところで、
人様優先をしていると、
結局は人を基準にして生きることになり、
無意識に依存的な発言や行動をしてしまうのです。


自分に意識が向いていると、
必要以上に人のことを考えたり、
やってあげたりする時間はなくなりますが、
それでいいのです。

 

あなたが自分の「~したい」を大切にして、
必要以上に「~してあげる」をやめることで、
相手の負担が一時的に増えたように思え、
罪悪感を感じることもあるでしょう。


でもそれは、長い目でみれば、
相手が様々な自立を果たし、
幸せを自分の力で創り上げてくためには
必要なことなのです。


あなたの「~したい」という想いを大切にし、
あなたが幸せを感じていることが、
周りの人に幸せを与え、
それを見てあなたもさらに幸せを感じるという、

本当の意味での
「あなたの幸せが私の幸せ」
という現象が起こるのです。

 

この記事を読んで「ハッ!」とされた方は
今すぐお試しカウンセリングにお申込みください↓↓

 

 

 

関連記事

  1. 「真剣に遊ぶ」と得られる○○とは?!

  2. 共依存関係にハマるワケとは?!

  3. あなたの生きづらさを激減させる○○力とは?!

  4. 自信のない人が真っ先に取り組むべきこととは?

  5. 完璧主義の人が苦しむ二つの理由とは?!

  6. 不安になりやすいときは○○する?!

  7. 生きづらさの原因探しは「○○〇」にする?!

  8. アダルトチルドレン克服のために「待つ」力が必要なワケとは?!

最近の記事 おすすめ記事
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ



アダルトチルドレン・共依存がスーッと楽になる
無料7ステップメール講座<5大特典付き>
こちらから今すぐご登録できます!!
お名前
メールアドレス