過去には○○が隠れている?!

 

 

 

 

アダルトチルドレンを克服するにあたって、過去を振り返る作業があります。

その際、生きづらさを持っていても、私は、アダルトチルドレンが育つような家庭環境ではなく、幸せな家庭だったという人も
多いでしょう。アダルトチルドレン自体は病気ではありませんし、厳密な決め事もありませんので、そこにこだわる必要もありません。

ただ、生きづらさは、これまでの人生のどこかで身に付いた、考え方や行動などのくせによって生まれるものなので、「なぜ、私はこうなってしまうのか?」という、問いに対しての答えを ある程度見つけるために、育った環境や、関わった人達を振り返ることが必要になります。

 

 

 

 

 

その中で、家庭円満でも、「しつけ」として、親が言い聞かせていたことが、生きづらさに繋がっていることがあります。
例えば、「目上の人(親、先生など)の言うことは良く聞きなさい」「人の迷惑にならないように」「ワガママは慎みなさい」
などですね。

これらは、どれも大切なことですが、度を越すと、いつも受け身になってしまったり、人に気を遣いすぎたり、自己表現がうまくできなくなったりなど、逆に働いてしまうことがあるのです。
ある意味、居心地の悪い家庭環境にいた人よりも、原因としては、わかりずらいかもしれませんね。

また、アダルトチルドレンの役割で「いい子」をやってきた人も、アダルトチルドレンであることに気づきにくく、自分の家庭環境は問題なかったという人が多いです。

私が、そうでした。
アダルトチルドレンであることを認めたら、親を否定してしまうような気がするし、自分の家庭に問題があったなんて認めたくないんですね。

 

 

 

 

 

でも、ここでわかっていただきたいのは、家庭などの育った環境、親や周りの人との関係を振り返るのは、あなたがこれから楽になって毎日を送るために、良くも悪くも、あなたを知るための重要な過程になります。

前に進むために、ここで、過去の古い物を手放し、本当に必要なものを見極め、活かし方を考えていく大事な作業なのです。
もう、過去に足を取られないように、ここで過去を確認し、捉え直すことが、これからのあなたの可能性を引き出す鍵となるのです。

関連記事

  1. アダルトチルドレン克服のカギは「○○〇こと」?!

  2. 共依存を克服する時に感じる罪悪感とは?!

  3. アダルトチルドレンを克服できない人の特徴とは?!

  4. 不安になりやすい人の特徴とは?!

  5. あなたの苦しみを親のせいで終わらせないためには?!

  6. アダルトチルドレン克服のために「待つ」力が必要なワケとは?!

  7. アダルトチルドレンとは?!

  8. 共依存関係を悪化させる○○とは?!

最近の記事 おすすめ記事
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ



アダルトチルドレン・共依存がスーッと楽になる
無料7ステップメール講座<5大特典付き>
こちらから今すぐご登録できます!!
お名前
メールアドレス