「プラス思考」の罠から抜け出すには?!

「プラス思考」は明るく前向きに生きていくためにはとても重要なことです。

前回、「頑張ること」についてお話しましたが、頑張る力をあなたの望む方向に使い、何があっても「プラス思考」で捉え、乗り越えていく。。。そうすれば、間違いなくあなたの望んだ未来が現実になります。ですが、「頑張ること」と同様に、「プラス思考」が不本意なところで発揮されてしまうと、大変なことになります。「プラス思考」は良いことなはずなのに、罠にはまると、どんどん現実から離れていってしまうのです。では、どうしたらいいのでしょうか?。。。

「プラス思考」を適切に使うには、対局にある「マイナス思考」にも向き合えていることが大切です。「プラス思考」と「マイナス思考」は二つで一つ、両方あってバランスが取れているのです。マイナスを打ち消すための「プラス思考」だと、ただのおめでたい人になってしまいます。地に足がつかずいつも理想の中にいて現実を見ることができなくなるのです。

かと言って「マイナス思考」だけだったら、いつもどん底で人生が八方塞がりになってしまいます。考え方、捉え方というのは無数にあり、プラスとマイナスの二つだけということではありませんが、双方があって、物事を冷静に見ることができるのです。マイナス面とプラス面の両方を考えた時、現状やあなたの本当の気持ちと照らし合わせ、どちらを選ぶことがあなたにとって幸せか。。。大事なのはそこなのです。

例えば、大好きな彼(彼女)に会うたびに何度も暴力や暴言を浴びせられているとしましょう。

「プラス思考」の一例) 私だから心を許し本当の姿を見せてくれているのかも。。。
「マイナス思考」の一例)本当は自分のことしか考えていない勝手な人なのかも。。。

どうでしょう?

「プラス思考」を選んだ場合、今後はとても悲惨なことになりそうですね。共依存関係の始まりです。この場合、あなたを幸せにするのは、「マイナス思考」で、相手との関係を見直す必要が出てきます。このように、決して「プラス思考」だけがOKというわけではない、ということです。

そして、どちらを選べばあなたが幸せになるのか。。。それを分かるためには、やはり、自分がどうしたいのか、どうありたいのか。。。ということを常に意識し、自分を感じていることです。そうは言っても、頭ではいろいろな思考が浮かび上がってきて、あなたを迷わせます。完璧に自分を感じたり分かったりすることはできませんから、迷って選んだものが、例え失敗のように感じたとしても、その時点で選び直せばいいだけのことです。

「プラス思考」だけに偏らず、「マイナス思考」を冷静に見つめる。。。

そこさえ押さえておけば、どちらを選んでも、覚悟をもって対処していけるのです。

関連記事

  1. 「しなければならない」に翻弄されないためには?!

  2. 度を越した人様優先が生む問題とは?!

  3. 制限はあったほうがラク?!

  4. 共依存を克服する時に感じる罪悪感とは?!

  5. 完璧には無駄と欠陥が必要?!

  6. アダルトチルドレン あなたの「大丈夫」は本当に大丈夫?

  7. 「頑張る」ためには「○○○」を鍛える?!

  8. 共依存の原因と根本からの改善法

最近の記事 おすすめ記事
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ



アダルトチルドレン・共依存がスーッと楽になる
無料7ステップメール講座<5大特典付き>
こちらから今すぐご登録できます!!
お名前
メールアドレス