「つい感情的になって」の代償とは?!

あなたは、人と意見がぶつかったり

何か不都合なことが起こったりした時に、

自分の思ったことを

適切に伝えることができますか?

 

アダルトチルドレンの場合、

大抵は次のようなパターンに分かれます。

 

 

感情的になって、

必要以上に相手を責めたり

否定したりする。

 

納得はしていないものの

その場を丸く納めようと

自分を抑え相手に従う。

 

そういう事態にならないように

日頃から人に合わせ、

自分の意見や考えが無いか

のようにしている。

(本人は無意識)

 

あなたはどんなタイプに

当てはまりますか?

 

 

いずれにしても、

 

 

適切に自分の伝えたいことを

伝えられないということは、

 

 

精神的に不健康であり、

ストレスも溜まりやすくなります。

 

 

今回は、

攻撃的なタイプについて見ていきましょう。

 

必要以上に相手を責めたり

否定したりするのは、

 

その時は言い負かしたようで、

一瞬はスッキリするでしょう。

 

自分の感情の赴くまま、

言いたいことを言えたのですからね。

 

ですが、

相手にはあなたの提案や

意見の内容は伝わらず、

 

感情的になった大きい声、

否定的な言葉の数々、

怖い表情など

 

あなたのマイナスな印象だけが

伝わってしまいます。

 

 

戦うことが目的なら、

あなたは相手を威嚇し、萎縮させ、

表面上は勝てたのかもしれません。

 

本来の目的をよく考えてみることです。

 

 

肝心な内容は一つも伝わっておらず、

相手に恐怖を与え、

印象も悪くなるわけです。

 

これでは、

相手との関係を悪くしただけで、

 

今後、理解や協力は得られず、

物事は進まないでしょう。

 

 

また、

相手に浴びせた言葉は、

自分自身に深く刻まれます。

 

あなたの脳は、

 

あなた自身の声、

あなた自身の発する言葉に

とても従順だからです。

 

問題が起こる度に、

人を責めたり否定したりしているなら

注意が必要です。

 

あなたはその度に、

自分自身を責めたり否定したり

していることになってしまうからです。

 

つい、感情的になって

言ったりやったりしたことは、

 

大きな損害をもたらしてしまうことが

分かっていただけたでしょうか?

 

感情は相手や状況によって

起こさせられたものではなく、

 

自分の思い込みに反応して

起こっていることは

何度かお話ししていますね。

 

ですから、

 

あなたの感情は

人の影響を受けることはあっても、

 

人にコントロールしてもらう

ものではなく、

自分でコントロールしていく

ものなのです。

 

さらに、

「ついカッとなって」というように、

 

人は感情の影響を強く受け、

行動するものですが、

 

感情が湧きおこっても、

行動は自分で意識的に

選ぶことができるのです。

 

感情まかせに行動するのは、

感情に振り回されていることになります。

 

感情を受け止めた上で、

どのような行動をとるか。。。

 

それをあなたが意識的に

選んでいくことが大切です。

 

それをやっていくには、

何度もお話していますが、

 

心の仕組みを知り、

常に自分に意識を向けることなのです。

関連記事

  1. 自分の話ばかりする人は○○〇が欲しいから?!

  2. 悩みや問題を減らしたいなら、〇○を味わう?!

  3. 自信をつけるには、○○と○○を一致させる?!

  4. 度を越した人様優先が生む問題とは?!

  5. 人との不快なやり取りの後の○○について?!

  6. 「いい子」が苦しむワケは、人の言葉を○○するから?!

  7. アダルトチルドレン あなたの「大丈夫」は本当に大丈夫?

  8. 従順は争いの始まり?!

最近の記事 おすすめ記事
最近の記事 おすすめ記事

アーカイブページ



アダルトチルドレン・共依存がスーッと楽になる
無料7ステップメール講座<5大特典付き>
こちらから今すぐご登録できます!!
お名前
メールアドレス